ロレックス エクスプローラー(新品)

ロレックス エクスプローラー(新品)

ロレックス エクスプローラー EXPLORER

英国ヒマラヤ遠征隊が1953年に達成した、世界初のエベレスト登頂の偉業の際に装備していたオイスターウォッチを元に、同年発表された屈強かつ高精度なプロフェッショナル時計「エクスプローラー」。     

誕生から半世紀以上にわたり様々な改良が加えられ、2021年には耐久性と信頼性が高められたCal.3230を搭載する36mmケースのRef.124270と、イエローゴールドとステンレスの”イエローロレゾール”コンビ仕様のRef.124273が登場。2023年には、Ref.214270の後継機種となる40mmケースのRef.224270が追加されました。

日本人に最適な小ぶりの36mmと、ロレックスのスポーツモデルでは一般的な40mmの、2つのケースサイズバリエーションで多くの支持を集めています。

さらに「エクスプローラー」には、いかなる状況でも正確な時刻が分かるように24時間表示とデイト表示を追加し機能性を高めた発展モデル「エクスプローラーII」が1971年に誕生。

ブラックとホワイトの文字盤バリエーションにインパクトのある24時間針が特徴で、初代モデル誕生から50周年となる2021年にはRef.226570が登場。42mmの大型ケースに精度と信頼性の高いCal.3285を搭載し、機能性あふれる現代的なスペックのスポーツモデルとして君臨しています。

本来のコンセプトである過酷な条件下だけでなくクールな外見でビジネスシーンまで対応し、実用性を極めたアドベンチャーウォッチ「エクスプローラー」。どちらも宝石広場では数あるスポーツロレックスの中でも上位を争う人気タイムピースとなっています。

エクスプローラーに関連するブログ記事

再入荷
7/22
エクスプローラー 36
ロレックス
商品NO:RX2987
1953年に誕生した冒険家の為のプロフェッショナルウォッチ【オイスターパーペチュアル エクスプローラー】。

新たに加わったイエローゴールドとステンレスのコンビモデルのこちらのRef.124273も、124270と同様に36mmケースでの初登場となりました。

ムーブメントには、高いエネルギー効率と信頼性を両立させるロレックス特許のクロナジーエスケープメントを採用し、シリコン製ヘアスプリングと高性能パラフレックスショックアブソーバを装備した70時間パワーリザーブのキャリバー3230を搭載。

ケーシング後の日差を-2〜+2秒で調整し、高精度なだけではなく防水性能も100m備えています。
材質名:ステンレス・イエローゴールド
  • 中古商品あり
在庫有り(In Stock)
ご注文頂けます。
2,020,000円(税込)
エクスプローラー 40
ロレックス
商品NO:RX3103
1953年に誕生した冒険家の為の時計、【Ref.224270 オイスターパーペチュアル エクスプローラー40】2023年登場の新型モデルのご紹介です。

前モデルの124270が直径36mmのオイスターケースを採用したのに対して224270は、214270に採用されていた39mmケースより1mmサイズUpして40mmでの再登場となりました。

ムーブメントには、高いエネルギー効率と信頼性を両立させるロレックス特許のクロナジーエスケープメントを採用し、シリコン製ヘアスプリングと高性能パラフレックスショックアブソーバを装備した70時間パワーリザーブのキャリバー3230を搭載。

ケーシング後の日差を-2〜+2秒で調整し、高精度なだけではなく防水性能も100m備えています。
材質名:ステンレス
  • 2023年新作
在庫有り(In Stock)
ご注文頂けます。
1,618,000円(税込)
エクスプローラー II
ロレックス
商品NO:RX2992
2021年に発表された216570の後継機、【226570 オイスターパーペチュアル エクスプローラーU】。

文字盤中央から伸びるオレンジカラーのGMT針と24時間スケールが刻まれたベゼルを用いて第二時間帯も確認可能な探検家、登山家の為のプロフェッショナルウォッチです。

ムーブメントには、ブルーパラクロムヘアスプリングとパラフレックスショックアブソーバーを備え、ケーシング後の日差を-2〜+2秒にセッティングした70時間パワーリザーブのCal.3285を搭載します。
材質名:ステンレス
在庫有り(In Stock)
ご注文頂けます。
2050000
2,030,000円(税込)
エクスプローラー 36
ロレックス
商品NO:RX2978
1953年に誕生した冒険家の為の時計、【Ref.124270 オイスターパーペチュアル エクスプローラー】。

前モデルの214270が直径39mmのオイスターケースを採用したのに対して124270は、14270や114270に採用されていた36mmケースでの再登場となりました。

ムーブメントには、高いエネルギー効率と信頼性を両立させるロレックス特許のクロナジーエスケープメントを採用し、シリコン製ヘアスプリングと高性能パラフレックスショックアブソーバを装備した70時間パワーリザーブのキャリバー3230を搭載。

ケーシング後の日差を-2〜+2秒で調整し、高精度なだけではなく防水性能も100m備えています。
材質名:ステンレス
在庫有り(In Stock)
ご注文頂けます。
1,500,000円(税込)
エクスプローラー II
ロレックス
商品NO:RX2991
2021年に発表された216570の後継機、【226570 オイスターパーペチュアル エクスプローラーU】。

文字盤中央から伸びるオレンジカラーのGMT針と24時間スケールが刻まれたベゼルを用いて第二時間帯も確認可能な探検家、登山家の為のプロフェッショナルウォッチです。

ムーブメントには、ブルーパラクロムヘアスプリングとパラフレックスショックアブソーバーを備え、ケーシング後の日差を-2〜+2秒にセッティングした70時間パワーリザーブのCal.3285を搭載します。
材質名:ステンレス
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
エクスプローラー II
ロレックス
商品NO:RX2054
42mm径のケースを採用し、さらに存在感の増したニューエクスプローラーU「216570」。
初代エクスプローラーU「1655」を彷彿とさせるオレンジの24時間針が目を引きます。
デザインだけではなく、ムーブメントは耐磁性ブルーパラクロム・ヘアスプリングを搭載し、夜光塗料も従来の倍(8時間)の長時間持続性を持つなど、各部が着実な進化を遂げており、現代の探検家に相応しいモデルになっています。
材質名:ステンレス
  • 中古商品あり
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
エクスプローラー
ロレックス
商品NO:RX2509
マイナーチェンジが行われたRef.214270、「エクスプローラー」が入荷致しました。
アラビアインデックスの3・6・9にも青色発光するクロマライト夜光が塗布されました。
さらに、時分針にも変更が加えられ、これまでよりも長く太い針になりました。
ムーブメントには引き続きパラクロムヘアスプリングとパラフレックス ショックアブソーバーを装備したキャリバー3132を搭載しており、磁気や衝撃に対して優れた耐性を発揮します。
材質名:ステンレス
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
エクスプローラー II
ロレックス
商品NO:RX2060
42mm径のケースを採用し、さらに存在感の増したニューエクスプローラーU「216570」。
初代エクスプローラーU「1655」を彷彿とさせるオレンジの24時間針が目を引きます。
デザインだけではなく、ムーブメントは耐磁性ブルーパラクロム・ヘアスプリングを搭載し、夜光塗料も従来の倍(8時間)の長時間持続性を持つなど、各部が着実な進化を遂げており、現代の探検家に相応しいモデルになっています。
材質名:ステンレス
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
エクスプローラー
ロレックス
商品NO:RX1904
Ref.214270、2010年バーゼルワールド発表のエクスプローラー、ケースサイズが36mmから39mmに大幅にアップしたロレックスの意欲作です。

文字盤の3・6・9のインデックス上にホワイトラインがなくなり、『EXPLORER』の表記が6時側に移動したという外見上の変更だけではなく、ムーブメントにおいてもパラクロムヒゲゼンマイを装備し耐磁性能を上げ、ムーブメントの心臓部であるテンプを衝撃から守るパラフレックスショックアブソーバーも標準装備したcal.3132が搭載されております。
材質名:ステンレス
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
エクスプローラー II
ロレックス
商品NO:RX400
88年にはスペックアップしたセカンドモデル、Ref.16550が登場。
単独可動式の時針の装備により第2時間帯の表示が可能になった。
ドット状の蛍光インデックスにメタルフレームを施し、視認性も向上。
91年には両支え型のテンプ受けを採用し、tCal.3185を搭載する現行モデルRef.16570が登場。
実用的なGMT機能とデザイン性の高さから、誕生から30年以上を経た現在でも高い人気を誇っています。
材質名:ステンレス
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
エクスプローラー I
ロレックス
商品NO:RX418
1953年発表。
信頼性を高めることとなったのが、エベレスト初登頂の成功です。
創業以来目指していた実用時計の究極として誕生した探検ウォッチ・エクスプローラーIは、初期型こそホワイト文字盤が存在していましたが、基本的にブラック文字盤に3・6・9のインデックスというデザインです。
今やスポーツ系の定番モデルとも言われ、オン・オフ使用も可能なシンプルなデザインでいまだ大人気商品となっております。

この商品はスタッフブログで紹介されています。
材質名:ステンレス
  • 中古商品あり
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
エクスプローラー II
ロレックス
商品NO:RX399
88年にはスペックアップしたセカンドモデル、Ref.16550が登場。
単独可動式の時針の装備により第2時間帯の表示が可能になった。
ドット状の蛍光インデックスにメタルフレームを施し、視認性も向上。
91年には両支え型のテンプ受けを採用しtCal.3185を搭載する現行モデルRef.16570が登場。
実用的なGMT機能とデザイン性の高さから、誕生から30年以上を経た現在でも高い人気を誇っています。

この商品はスタッフブログで紹介されています
材質名:ステンレス
  • 中古商品あり
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中

エクスプローラーの歴史と代表的なモデル

1953年〜1954年頃
Ref.6350

Ref.6350

初代「エクスプローラー」として初めてロレックスの広告に掲載される。探検家の英語表記(explorer)が名前の由来で、その名の通り探検家の為の時計として発表された。ムーブメントはCal.A296を搭載し、オイスターパーペチュアルをベースに耐久性を向上した構造を実現した。製造期間が短かった為、中々見ることの出来ない非常に希少性の高いモデル。尚、Ref.6150は同じムーブメントを搭載しているが、こちらはノンクロノメーター仕様だった。

【モデル情報】

Ref.6350、Ref.6150

1955年頃〜1959年頃
Ref.6610

Ref.6610

ムーブメントは両方向回転式のCal.1030を搭載し、巻き上げ効率が改善された。デザインではゴールドのインデックスとミニッツサークルが特徴。裏蓋もフラットに変更された。初代誕生から間もなかった為、Ref.6610が初代エクスプローラーと言われることもある。

【モデル情報】

Ref.6610

1950年代後半〜1970年代
エアキングをベースに、"EXPLORER"と明記された文字盤を備える第3世代。インデックスがホワイトへ変更されたものの、初代から大きなデザインの変化は無く、この時点で既にエクスプローラーとしての形が完成した。最大の特徴は34mmのケースサイズで、「エクスプローラーボーイズ」とも呼ばれる。Cal.1530搭載。

【モデル情報】

Ref.5500

1960年頃〜1971年頃
Ref.1016

Ref.1016

前期型と呼ばれるRef.1016の初期バージョン。ロレックス独自のマイクロステラナットで調整行うCal.1560を搭載した。また、文字盤のミニッツサークルが無くなり、防水性は100mに引き上げられた。

【モデル情報】

Ref.1016

1972年〜1988年
Ref.1016

Ref.1016

Ref.1016の後期型が登場する。外観は前期と同一だが、最も大きな違いはムーブメントで、ハック機能付きのCal.1570が搭載されている。ハック機能が付いたことでより正確な時間調整が可能になった。製造年が新しいこと、ハック機能が付いたことで後期の方が人気の傾向がある。

【モデル情報】

Ref.1016

1990年〜2001年
Ref.14270

Ref.14270

毎時2万8800振動のCal.3000を搭載。基本的なデザインは変わっていないが、サファイアクリスタル製フラット風防・メタルフレーム付インデックス採用と細部がリニューアルされ、ダイヤルが大幅改良された。現在も中古市場でよく売買されていて人気は爆発的。月9ドラマで木村拓哉さんが着用し一気に認知度が上がった。

【モデル情報】

Ref.14270

1995年
Ref.14270

Ref.14270

バックルがシングルロックからツインロック式(ダブルロック)に変更された。

【モデル情報】

Ref.14270

2001年〜2010年
Ref.114270

Ref.114270

Ref.14270とデザイン面での違いは無いが、Cal.3130搭載により精度向上。フラッシュフィットが一体型なのがRef.114270。フラッシュフィットが分割されているのがRef.14270。

【モデル情報】

Ref.114270

2010年〜2021年
Ref.214270

Ref.214270

ケース径が36mmから39mmへと大幅にサイズアップ。Cal.3130を発展させたCal.3132を搭載。ロレックス独自開発のパラクロム・ヒゲゼンマイ、パラフレックス・ショックアブソーバーが採用されていて、耐磁性、耐衝撃性が飛躍的に向上した。

【モデル情報】

Ref.214270

2016年
Ref.214270

Ref.214270

マイナーチェンジで、文字盤が変更された。インデックスの3.6.9にも夜光塗料が塗布。また、時分針が長く太く変更された。

【モデル情報】

Ref.214270

2021年〜
Ref.124270

Ref.124270

Ref.124273

Ref.124273

デザインは歴代と大きく変わらないが、ケースサイズが39mmから36mmに戻った。搭載ムーブメントは72時間ロングパワーリザーブ・高効率のクロナジー脱進機・巻き上げ効率向上を兼ね備えたCal.3230。現代エクスプローラーでは初となる、イエローゴールとステンレスのコンビモデル(ロレゾール)も発表された。

【モデル情報】

Ref.124270、Ref.124273

2023年〜
Ref.224270

Ref.224270

ケースサイズがRef.214270の39mmから40mmへ1mm拡大し、ムーブメントはCal.3132を発展させたCal.3230を搭載。デザインでは文字盤のEXPLOREロゴが6時位置から12時位置へと変更された。

【モデル情報】

Ref.224270

エクスプローラーUの歴史と代表的なモデル

1971年〜1987年頃
Ref.1655

Ref.1655

エクスプローラーの上位機種として、エクスプローラーIIの初代モデルが誕生した。メモリ付きのベゼルと24時間針・デイトが装備され、更に過酷な状況での仕様が想定された。当時の文字盤色は黒1色展開。10年以上に渡って販売されたロングセラー。

【モデル情報】

Ref.1655

1984年〜1988年
Ref.16550

Ref.16550

第2世代のエクスプローラーII。デザインの大幅な変更、白文字盤の追加など、現行エクスプローラーIIの土台が完成した。外観だけでなく、風防がサファイアガラスになったり、より高精度なCal.3085へ移行したりと大幅なスペックアップを果たす。生産期間が短く希少性が高い。

【モデル情報】

Ref.16550

1991年〜2011年
Ref.16570

Ref.16570

Ref.16570
Cal.3185を搭載するエクスプローラーIIの第三世代。Ref.16550とデザインはほとんど変わらないが、搭載ムーブメント刷新し、精度やメンテナンス性の向上を図った。ケース径は40mmと変化無し。

【モデル情報】

Ref.16570

2007年
2007年以降に製造されたモデルには、Cal.3186が搭載された。ヒゲゼンマイにパラクロムを用いたことで、耐衝撃・耐磁性能を向上させた。

【モデル情報】

Ref.16570

2011年〜
Ref.216570

Ref.216570

Ref.216570
Cal.3187を搭載。40mmだったケース径が42mmへ大型化し、初代モデルを彷彿させるオレンジ色の24時間針が復活。

【モデル情報】

Ref.216570

2021年〜
Ref.226570

Ref.226570

エクスプローラーU誕生50周年を迎え、新モデルが投入された。デザイン上の変化は少ないが、24時間針の根元を黒く塗装しオレンジの針だけを目立たせる「ファントム効果」と呼ばれる仕様ではなくなり、全てオレンジ色になった。最大の特徴は刷新されたムーブメント、Cal.3285。約70時間のパワーリザーブを備え、耐磁・耐衝撃性能を向上させた。

【モデル情報】

Ref.226570

最近チェックした商品

スマートフォンPC