ロレックス ヨットマスター(新品) を買うなら宝石広場

ロレックス ヨットマスター(新品)

ロレックス ヨットマスター YACHT MASTER

1992年に誕生した「ヨットマスター」は、ロレックスとセーリングの世界との深い関係性を象徴するプレミアムスポーツモデルです。ヨットオーナーが船上で寛ぐスタイルを意識して、当初はゴールドモデルのみラインナップされるなど、華やかで上質なラグジュアリー性を有しています。2007年には、ケースサイズ40mmの「ヨットマスター」をさらに発展させ、ヨットレースのスタート用にカウントダウン機能付きのレガッタクロノグラフ機構を搭載し、ケースサイズを44mmに拡大した上位機種「ヨットマスターII」も追加されました。

「ヨットマスター」には、ステンレス素材のみのモデルは存在せず、ゴールド無垢仕様のモデルと、ステンレス素材とゴールド素材のコンビのロレゾール仕様、ステンレス素材とプラチナ素材が組み合わされたロレジウム仕様がラインナップされています。特にロレジウム仕様の「116622」は、プラチナ素材が放つ独特な存在感から、ヨットマスターを代表する人気モデルです。さらに、ケースサイズが従来通り40mmのメンズモデル「ヨットマスター40」加えて、女性にもピッタリな少し小ぶりなケースサイズ37mmのユニセックスサイズ「ヨットマスター37」が2015年に追加され、ペアウォッチとしても人気を集めています。同じく2015年には、ロレックス独自開発で特許取得の、耐久性に優れた”オイスターフレックス”ラバーストラップが組み合わされたメンズモデル「116655」と、ユニセックスモデル「268655」もラインナップに加わりました。

「ヨットマスターII」は、ステンレス素材の「116680」、コンビ仕様ロレゾールの「116681」、イエローゴールド仕様の華やかな「116688」、ホワイトゴールドとプラチナのコンビネーションで圧倒的な高級感を誇る「116689」がラインナップされています。

優れた機能性を備えて、厳選されたハイクオリティーな素材を用いた、ゴージャス感あふれる華やかなダイバーズウォッチとして、宝石広場では女性のユーザーからも人気を集めるスポーツロレックスです。

ヨットマスターに関連するブログ記事


ヨットマスターの歴史と代表的なモデル

1992年頃

Ref.16628

Ref.16628N

Ref.16628NGR

Ref.16628NGS

初代ヨットマスターが誕生。ラグジュアリースポーツウォッチとして、イエローゴールド無垢のみの豪華仕様。サブマリーナーと異なりと船上やヨットでの使用を想定されおり、防水性能は100m、ベゼルは両方向回転する仕様。
ロレックスのスポーツモデル唯一のメンズ・ボーイズ・レディースの展開となった。シェルやダイヤモンドを用いた豊富な文字盤バリエーションも特徴のひとつ。
ムーブメントはCal.3135(パワーリザーブ約48時間)、ケース径は40mm。
1992年頃

Ref.68628

Ref.68628NGR

Ref.68628NGS

Ref.69628

メンズモデルと同時に、ボーイズ(ユニセックス)とレディースモデルが発売された。いずれもイエローゴールド無垢のみの展開。
ボーイズモデルのRef.68628はケース径34mm、レディースモデルのRef.69628は29mmだった。ムーブメントは、いずれもパワーリザーブ約48時間のCal.2135。
1997年

Ref.68623

Ref.69623

ボーイズとレディースモデルに、ロレックスが『ロレゾール』と呼ぶステンレスとゴールドのコンビモデルが展開された。無垢同様、豪華な文字盤バリエーションが特徴。外装素材以外のムーブメントやケースサイズ等は無垢モデルと同一。
1999年

Ref.16622

ヨットマスターを一躍有名にした人気モデル「ロレジウム」が登場。ケース・ブレスレットにはステンレス、ベゼルとダイヤルにプラチナを用い、実用性と豪華さを両立させた。文字盤カラーはシルバーのみ。ムーブメントはRef.16628と同じCal.3135。
1999年

Ref.168622

Ref.169622

メンズと同時に、ボーイズ・レディースの「ロレジウム」も登場。ボーイズとレディースモデルのムーブメントは、Cal.2135から新型のCal.2235(パワーリザーブ約48時間)へ変更された。
1999年

Ref.168628

Ref.169628

Ref.168623

Ref.169623

ボーイズ・レディースサイズの「ロレジウム」登場に伴い、金無垢・コンビモデルのムーブメントもCal.2235に変更され、全種モデルチェンジとなった。ケースサイズは変わらず34mm(ボーイズ)と29mm(レディース)。
2004年

Ref.16623

メンズモデルに、ボーイズ・レディースと同様のコンビモデルがラインナップされた。
2012年

Ref.116622

新世代のヨットマスター(メンズ)Ref.116622が登場。
前モデル(Ref.16622)とムーブメントは変わらずCal.3135だが、ブルーパラクロム・ヒゲゼンマイを採用し、従来より10倍も高い耐衝撃性・耐磁性を実現させた。
外装ではイージーリンク搭載バックルとなり、夜光はルミノバからクロマライトに変更された。
また、文字盤バリエーションとして従来のシルバー(プラチナ文字盤)に加え、ブルー文字盤がラインナップされた。
2014年
レディースモデルの生産が終了。
2015年

Ref.116655

ヨットマスターシリーズ初、エバーローズゴールドケースにラバーストラップ仕様のRef.116655が登場。
セラミックベゼルにはマットブラックセラクロムインサートを施し、特許を取得したオリジナルラバーストラップ、「オイスターフレックス」が初めて装備されたモデル。ムーブメントはメンズ従来機と同じCal.3135。ケース径は40mm。
2015年

Ref.268655

メンズモデルと同時に、2mm大型化され37mmとなったボーイズ(ユニセックス)モデルRef.268655「ヨットマスター 37」が登場した。
ムーブメントは2014年に発表されたCal.2236。レディースモデル向けとして開発された機械で、シロキシ・シリコンヒゲゼンマイを採用した。パワーリザーブ55時間。
2016年

Ref.116622

メンズモデル「ヨットマスター40」のバリエーションに、「ダークロジウム」文字盤が追加される。
入れ替わりにシルバー(プラチナ)文字盤が終了し、ダークロジウム、ブルーの2種類となる。
2016年

Ref.116621

ステンレスとエバーローズゴールドのコンビモデル。発売当時はチョコレートダイヤルのみの設定だった。
ムーブメントはメンズ従来機と同様Cal.3135、ケース径は40mm。
2016年

Ref.268622

37mm径の「ヨットマスター 37」に、ステンレスとプラチナのコンビモデルが追加された。文字盤カラーは「ダークロジウム」と同様の「スレート」が採用された。以降はこのグレー系の文字盤は「スレート」表記で統一されるようになる。
ムーブメントはRef.268655と同じCal.2236。
2017年

Ref.116621

メンズ「ヨットマスター40」のコンビモデルに、ブラックダイヤルが追加された。
2019年

Ref.126622

新世代ムーブが搭載されモデルチェンジした「ヨットマスター40」Ref.126622が登場。
初代(Ref.16628)登場から27年、ヨットマスターのメンズモデルとしては初めてのムーブメント変更。Cal.3235が搭載され、パワーリザーブは70時間と大幅な改善がされた。
文字盤バリエーションはスレートとブルーの2種類。
2019年

Ref.126655

Ref.126621

Ref.126622発売に伴い、同じくメンズサイズの金無垢・コンビモデルのムーブメントもCal.3235に刷新された。
2019年

Ref.226659

ヨットマスター初の42mmケース「ヨットマスター 42」が登場した。
ホワイトゴールドケースにセラミックベゼル、オイスターフレックスブレスレットを装備。バックルにはグライドロックエクステンションシステムが採用されている。
ムーブメントは「ヨットマスター 40」と同様にCal.3235を搭載。

ヨットマスターUの歴史と代表的なモデル

2007年

Ref.116688

Ref.116689

初代ヨットマスターUが登場。10分から1分のカウントダウンが可能なレガッタ機能を搭載し、特許を取得したリングコマンドベゼルをムーブメントと連動させることで容易な操作を実現させた。
ホワイトゴールドとプラチナベゼルのRef.116689、イエローゴールドとブルーセラミックベゼルの無垢モデルRef.116688のみの展開。
ムーブメントはCal.4160(パワーリザーブ72時間)、ケース径は44mm。
2011年

Ref.116681

ヨットマスターUのステンレスとエバーローズゴールドのコンビモデルが登場。外装素材以外はRef.116688、Ref.118889と同じ仕様。
2011年

Ref.116688

Ref.116689

それぞれケースと同色だった針が、青針(ブルーコーティング)にマイナーチェンジされた。
2013年

Ref.116680

ヨットマスターUのステンレスモデルが登場。またこのモデルから新ムーブメントCal.4161が搭載された。カウントダウン性能を改善し、メンテナンス性が向上した。
パワーリザーブは72時間、ケース径は変わらず44mm。
2013年

Ref.116688

Ref.116689

Ref.116681

Cal.4161搭載のステンレスモデル(Ref.116680)登場と同時に、既存モデルのムーブメントがCal.4160からCal.4161に変更された。
2017年

Ref.116688

Ref.116689

Ref.116681

Ref.116680

全モデル共通の変更がなされた。12時位置のアワーマーカーが逆三角形に、6時位置は長方形に変更された。時針がベンツ針に変更され、配色も青針(ブルーコーティング)からそれぞれのケース素材に合わせた色味に変更された。

ロレックス ヨットマスターについての豆知識

ベゼルにモデル名

ヨットマスターIIのセラクロムベゼルには「YACHT-MASTERII」と刻んでありますが、ロレックスでベゼルにモデル名表記があるのは唯一このモデルだけです。

最近チェックした商品

スマートフォンPC