ロレックス サブマリーナー(新品) を買うなら宝石広場

ロレックス サブマリーナー(新品)

ロレックス サブマリーナー SUBMARINER

潜水時間の計測が可能な回転ベゼルを装備し、100m防水性能を実現して1953年に”世界初のダイバーズウォッチ”として誕生した『サブマリーナー』。高い性能と力強いスポーティーなデザインで”キングオブダイバーズウォッチ”と称賛され世界中で愛されています。

2010年から10年間も生産されたサブマリーナーデイト「116610」は、ケースサイズを40mmから41mmへ若干サイズアップして2020年に後継機種へモデルチェンジしました。精悍なブラック文字盤の「126610LN」、ロレックスのコーポレートカラーの緑色で彩られた「126610LV」、ステンレススチールとイエローゴールドのコンビ仕様のブラック文字盤「126613LN」とブルーが美麗な「126613LB」、華やかなイエローゴールド無垢素材仕様のブラック文字盤「126618LN」とブルー文字盤「126618LB」、高級感あふれるホワイトゴールド無垢素材が採用された「126619LB」の7モデルに、日付表示が無くスッキリとしたデザインのサブマリーナーノンデイト「124060」の全8モデルがラインナップされています。

アイコニックな外見は、キズや劣化に強くて光沢が美しいセラミック素材のベゼルに、しなやかにフィットする形状のブレスレットが組み合わされ高級感が高められています。300mの防水性能を実現したオイスターケースには、70時間ものパワーリザーブ性能を実現した新世代の高精度ムーブメント「3235」を搭載。パラクロム・ヘアスプリングとパラフレックス ショック・アブソーバの採用で耐磁性と耐衝撃性がアップして、クロノメーター認定を取得しています。

信頼性・堅牢性・機能性に優れたプロフェッショナルダイバーズウォッチ『サブマリーナー』は、カジュアルからビジネスまで、あらゆるシーンで季節を問わず活躍するスポーツモデルとして、宝石広場では全ブランド全ての高級時計の中でも常に1、2位を争う人気タイムピースとなっています。

サブマリーナーに関連するブログ記事

サブマリーナー アクセスランキング




サブマリーナー(ノンデイト)の歴史と代表的なモデル

1953年頃

Ref.6204

初代サブマリーナーが誕生。フラットもしくはハニカム文字盤にストレート針を組み合わせ防水性能は100mだった。回転ベゼルにはまだ0-15分までの刻みは無い。搭載キャリバーはCal. A260。
同年には、ロレックスにとって今のスポーツモデルの基礎となるモデルである、「エクスプローラー・ターノグラフ」を発表している。
1954年頃

Ref.6205

第二世代。なぜか文字盤から"SUBMARINER"の表記が消えてしまう。最後のストレート針仕様のサブマリーナーとなる。
1954年頃

Ref.6205

同リファレンスで"SUBMARINER"表記が復活。針もストレート針から、今では当たり前のように認識されるベンツ針となる。
1955年頃〜1956年頃

Ref.6200

Cal.A296を搭載。サブ好きを魅了する直径8mmの通称『デカリューズ』が登場。初期型ではまたしても"SUBMARINER"表記が無くなり、後期型で復活。デカリューズ登場により200m防水となる。
1956年頃〜1957年頃

Ref.6536/1

Cal.1030搭載。前・中・後期と存在し、中期モデルからはベゼルに有名な赤い三角表記が採用され、現行モデルにもある0-15分の刻みが登場する。リューズは6mmに戻され、防水は100mとなる。
1956年頃〜1959年頃

Ref.6538

1962年のスパイ映画『007 ドクター・ノオ(007は殺しの番号) 』で主人公ジェームズ・ボンド役を演じたショーン・コネリーがつけていた事で、サブマリーナーを語るうえで欠かせない存在となったモデル。
このリファレンスにクロノメーター規格のモデルと、そうでないモデルが存在している。文字盤上部には共通して"ROLEX" "OYSTER PERPETUAL"と表記されているが、下部に"200m=660ft" "SUBMARINER"と2行に分けて表記されたモデルが通称『2ライン』、"200m=660ft" "SUBMARINER" "OFFICIALLY CERTIFIED" "CHRONOMETER"と4行に分けて表記されたものが『4ライン』と呼ばれている。
1958年頃〜1959年頃

Ref.5510

直径8mmの『デカリューズ』が使用された最後のモデル。外観はRef.6538と大幅な変化があるようには見えないが、ムーブメントは以降サブマリーナーの基幹キャリバーとなるCal.1530が搭載された。
1958年〜1962年頃

Ref.5508

6mmサイズのリューズを採用し、100m防水仕様のサブマリーナー。5510と同時期に販売されていた姉妹機のような存在。最後のリューズガードなしのサブマリーナーとなる。
1958年〜1980年頃

Ref.5512

現在のサブマリーナーの基本形となるデザインが誕生する。
1962年〜1988年頃

Ref.5513

4桁プラ風防サブの最終モデル。最終シリアルのL番になる頃には、文字盤のインデックスが枠付きになる。
1988年〜2001年頃

Ref.14060

風防がサファイアガラス(サファイアクリスタル)となり、搭載キャリバーもCal.1520からCal.3000へと変更される。デザイン上は風防が変更されただけでドラスティックな変化はなく、質実剛健な印象は変わらず。
2001年〜2006年頃

Ref.14060M

Cal.3130を搭載した14060"M"。ブレスレット・フラッシュフィット等の変更はない。クロノメーター化を果たしたから"M"がついたと思われがちだが、初期はノンクロノメーター仕様。
2006年〜2010年頃

Ref.14060M

同リファレンスだが、クロノメーター化された後期型。やはりブレスレット・フラッシュフィット等の変更されなかった。
2010年〜2020年

Ref.114060

20年近く外装仕様が変更されなかったが、このタイミングでRef.5508からRef.5512にモデルチェンジした時と同じような大幅な変更となった。
外装では一切引き継がれたものが無く、新たなデザインと機能性を備えた新生・ノンデイトサブマリーナ―。
2020年

Ref.124060

サブマリーナ―デイトと同様の変更を受ける。
ケース径が41mmとなり、ブレス幅も初期コマ数も変化。パワーリザーブが70時間となったCal.3230を搭載。

サブマリーナーデイトの歴史と代表的なモデル

1969年〜1975年頃

Ref.1680

初のデイト表示付サブマリーナーが誕生。
2年前に先行して販売開始していたRef.1665のCal.1575を使い、リファレンスも別系統のナンバーが用いられた。サブマリーナーデイトとシードェラーは、16年以上前から売られていたノンデイトサブマリーナーとは関係のないリファレンスナンバーから始まっている。
文字盤の"SUBMARINER"が赤ペイントで表記される、通称『赤サブ』文字盤が採用された。
『赤サブ』はおおよそ1973年頃まで生産されており、1972年にはハック付のムーブメントに変更された。前期が”200m=660ft”と表記される『メーターファースト』で、後期が反対に"660ft=200m"と表記される『フィートファースト』と呼ばれる。
1976年頃〜1979年頃

Ref.1680

『赤サブ』が変更され、白文字表記となった。販売されていた期間は仕様変更などが少なく、安定したモデルだが反面バリエーションが少ない世代でもある。
1969年頃〜1979年頃

Ref.1680/8

スポーツモデルでの最初の金無垢モデル。「デイデイト」や「チェリーニ」といった、ラクジュアリー系のテイストをスポーツモデルに取り込んだ瞬間ともいえる。
『メーターファースト』の個体は少なく、『フィートファースト』が大半を占めている模様。フジツボ文字盤でマットなブラックが特徴。
1971年頃〜1979年頃

Ref.1680/8

青文字盤のサブマリーナー、通称『青サブ』の登場。後のラグジュアリーダイバーのアイコン的存在であり、『青サブ』という言葉が完全に定着する記念すべき配色のモデル。
1980年頃〜1986年頃

Ref.16800

現代サブマリーナーの基礎となるモデルの登場。Cal.3035を搭載。
文字盤は2種類あり、初期型はフチなしインデックスで、後期型にはフチが付く。300m防水となる。
1986年頃〜1989年頃

Ref.168000

前モデルRef.16800とRef.168000の違いは多くなく、並べて比較をしても外観ではよく分からない。
引き続き搭載されたCal.3035自体も短命で、後にCal.3150となるため、謎の多い存在。後継のRef.16610を作る為に生まれたモデルだったのでは、と推測されることもある。
1983年〜1989年頃

Ref.16803

サブマリーナーでは初のコンビモデル。
初期型は『フジツボ文字盤』で、後期は『フチ有インデックス』(16613と外観的には同じ)を採用。経年で紫に近い色味に変化したとされる、『バイオレット文字盤』が存在する。
1983年〜1989年頃

Ref.16808

金無垢モデル。前型のRef.1680/8と比較すると、ムーブメントがCal.1575からCal.3035に変更されている。
コンビモデル同様、初期には『フジツボ文字盤』が使われていた。同じく『バイオレット文字盤』が存在する。
1989年〜2010年頃

Ref.16610

R番からランダムまで続いたロングセラーモデル。Ref.168000からは機械の変更(Cal.3035からCal.3150へ)のみ。ステンレスモデル・コンビモデル・金無垢モデルの3ラインが基本となる。
1999年〜2000年頃に、フラッシュフィットが一体型へ変更、2003年頃にサファイアクリスタルに王冠マークの透かしが入れられるようになり、ケースサイドの穴が塞がる。2007年頃にはルーレット刻印が採用される。
1989年〜2010年頃

Ref.16613

コンビモデル。前型と同じく黒文字盤と青文字盤のラインナップ。
初期の『青サブ』(青文字盤)はバイオレット文字盤が存在する。ブレスレットは2000年頃に「93153」から「93253」に変更される。
1989年〜2007年頃

Ref.16618

コンビと同じく、初期にはバイオレット文字盤が存在する。
後期からははカラーが安定するようになり、コンビ・金無垢の青文字盤がバイオレットに変化することは無くなった。
2003〜2010年頃

Ref.16610LV

2003年にY番からスタートした、黒文字盤にグリーンベゼルという組み合わせの通称『グリーンサブ』。Ref.6204から始まったサブマリーナーの50年という節目に登場し、ランダムシリアルの2009年頃まで作られた。
時代的にもロレックス熱が高まり、コレクタブルなワードが多数生まれたモデルとしても有名で、『ライムグリーン』『ファットフォー』『ビッグスイス』などの通称が付けられていった。
2008年〜2020年

Ref.116618LN

Ref.116618LB

Ref.116618GLN

Ref.116618GLB

Z番から始まった大幅な改修を施された新生サブマリーナー。ケース・ブレス共に完全な刷新を受け、ベゼルにはセラミックを採用。次世代ロレックスの幕開けとなったモデル。
この世代の『青サブ』は初期と後期で塗装カラーが異なることが特徴。初期型はこれまでの青サブとは明らかに違うマットな質感の色合いだったが、マイナーチェンジ後は過去の青サブと似た光沢のある青文字盤(サンバーストダイヤル、サンレイダイヤル)となった。
バリエーション違いでダイヤインデックス(Ref.116618GLV/GLN)が存在していたが、後期型の青文字盤カラーとダイヤを組み合わせたインデックスは存在しない。
黒文字盤のLN、GLNはモデルチェンジするまで文字盤色に変更はなく、初期にのみダイヤインデックスが存在していた。
2008年〜2020年

Ref.116613LN

Ref.116613LB

Ref.116613GLN

Ref.116613GLB

同時期に発表されたコンビモデル。
金無垢モデルと同じく、黒文字盤・青文字盤・黒+ダイヤ文字盤・青+ダイヤ文字盤がラインナップされた。
2008年〜2020年

Ref.116619LB

Ref.116619GLB

ホワイトゴールドを使った新しいバリエーションとして発表されたサブマリーナー。
このモデルは文字盤色に変更はなく、モデルチェンジされるまで同色だった。
初期にはダイヤインデックスのRef.116619GLBも存在していた。ステンレスモデルと見た目が同じになるためか、LN(黒文字盤)は存在しない。
2010年〜2020年

Ref.116610LN

Ref.116610LV

金無垢モデル・コンビモデルに遅れて発表されたオールステンレス製のサブマリーナーデイト。
金無垢・コンビモデルと同様に、ケース・ベゼル・ブレスの仕様変更がされている。
緑文字盤の『グリーンサブ』(Ref.116610LV)は、前作と異なりベゼルだけでなく文字盤もグリーン仕様となった。海外ではその色合いから『ハルク(Hulk)』の愛称がつけられた。
2020年

Ref.126610LN

Ref.126610LV

41mmケースに、70時間のパワーリザーブを備えた新型ムーブメントCal.3235を搭載と、完全モデルチェンジを果たしたサブマリーナーデイト。
ブレスレットも幅が変わり、ケースとブレスのバランスが向上。より魅力的なモデルへと変貌した。
グリーン文字盤のRef.126610LVは、Ref.16610LVと同じ黒文字盤+グリーンベゼルというスタイルへと回帰した。尚、今作では『カーミット(Kermit)』という愛称で呼ばれるようになった。
2020年

Ref.126618LN

Ref.126618LB

126610LNと同じ世代のイエローゴールド無垢モデル。基本スペックは変わらず、文字盤の色味等は前作Ref.116618を引き継いだ。
2020年

Ref.126619LB

126610LNと同じ世代のホワイトボード無垢モデル。
前作のWGモデルは「マットブルー文字盤+ブルーセラミックベゼル」という組み合わせだったが、今作ではブラック文字盤にブルーのベゼルを合わせるデザインに変更された。
2020年

Ref.126613LN

Ref.126613LB

126610LNと同じ世代のコンビモデル。こちらも基本スペックは変わらず、文字盤の色味等は前作Ref.116613を引き継いだ。

ロレックス サブマリーナーについての豆知識

ジェームズ・ボンド

過去の映画「007」シリーズの劇中で、主人公ジェームズ・ボンドがサブマリーナーを使用していた。Ref.6538もしくはRef.5510が有力とされるが、真相は未だ不明。

赤サブ

「Ref.1680」にみられる、"SUBMARINER"の表記が赤い個体が通称「赤サブ」と呼ばれる。生産数が少ない為、レアなモデルとして人気があります。

最近チェックした商品

スマートフォンPC