ロレックス シードゥエラー(新品) を買うなら宝石広場

ロレックス シードゥエラー(新品)

ロレックス シードゥエラー SEA DWELLER

圧倒的な人気を集めるダイバーズウォッチ『サブマリーナ』の潜水能力を強化した上位機種として1967年に登場した、”海の居住者”を意味する『SEA-DWELLER シードゥエラー』。深海への潜水用に開発され、世界初のヘリウムエスケープバルブを搭載し、高い防水性能や優れたテクノロジーが結集したダイバーズウォッチです。
現行モデルの「シードゥエラー Ref.126600」は、初代”赤シード”を思わせる赤色の”SEA-DWELLER”ロゴを採用し、信頼性の高い新世代キャリバー3235を搭載。43mm径のオイスターケースにより水深1,220mまでの防水性能を実現しています。

2008年には「シードゥエラー」の潜水能力をさらに強化したプロフェッショナル向けダイバーズウォッチ『SEA-DWELLER DEEPSEA シードゥエラー ディープシー Ref.116660』が登場。44mm径の屈強なオイスターケースで水深3,900mもの驚異的な防水性能を実現しました。2014年からは、鮮やかな海のブルーから光の届かない深海を思わせるブラックへの美麗なグラデーションの”D-BLUE Dブルー”カラーが追加され、現在も「ディープシー」を代表する人気色となっています。

デビューより10年経過した2018年に、精度と耐久性に優れた新世代ムーブメント3235を搭載して「ディープシー Ref.126660」へとモデルチェンジ。そして2022年には、ベゼルのスリム化やデイト表示窓の拡大など細部をブラッシュアップして完成度をさらに高めた現行モデル「ディープシー Ref.136660」へと進化しました。

2022年にはさらに、映画監督だけでなく探検家としても活躍する「ジェームズ・キャメロン」氏が2012年に1人乗り潜水艇で挑戦した世界初のマリアナ海溝単独潜水で着用したプロトタイプの潜水用時計”ディープシーチャレンジ”に由来する、水深11,000mという超深海までの防水性能を実現した究極のダイバーズウォッチ『DEEPSEA CHALLENGE ディープシー チャレンジ Ref.126067』も発表されました。こちらは、変形や腐食に強いロレックス独自開発のグレード5のチタン合金”RLXチタン”を用いて、ロレックス史上最大の50mm径という大型で厚みの増した迫力あるサイズながら超軽量化を実現した究極のスペシャルタイムピースです。

『シードゥエラー』も『ディープシー』もどちらも、日常生活ではオーバースペックと思われがちですが、ロレックスによる非常に優れた防水性能を持つプロフェッショナルダイバーズウォッチの象徴として、宝石広場でも自信を持ってお勧めしているタイムピースです。

シードゥエラーに関連するブログ記事


シードゥエラーの歴史と代表的なモデル

1967年頃~1980年頃
ref1665
Ref.1665
初代シードゥエラーが誕生。610m防水で、ヘリウムガスエスケープバルブを搭載した。ベゼルは両方向回転式。防水性向上のためデイト表示にサイクロプスレンズのない唯一のモデル。通称「赤シード」と呼ばれる、文字盤のモデル表記が赤いモデルは最初期型。搭載ムーブメントはCal.1570(パワーリザーブ約48時間)。ケース径は40mm。
1978年頃~1988年頃
ref16660
Ref.16660
第二世代シードゥエラー。防水性能が初期型の2倍の1220mに向上。風防はプラスチックからサファイアクリスタルガラスに、ベゼルは逆回転防止仕様に変更された。Cal.3035(パワーリザーブ約48時間)を搭載し、カレンダーのクイックチェンジが可能になった。最後期になるとインデックスにシルバーの縁がある「フチあり」に変更された。
1989年頃~2008年頃
ref16600
Ref.16600
第三世代シードゥエラー。1220m防水。大きな変化はないが、キャリバーやブレス、バックルエクステンションの改良などが加えられた。搭載ムーブメントはCal.3135(パワーリザーブ48時間)になった。
2003年頃
Ref.16600
ケースサイド(ラグ)にあったバネ棒用の横穴が無くなる。
2008年〜2018年
ref116600
Ref.116660
"初代ディープシーが誕生。第三世代シードゥエラーの後継機にあたる。リングロックシステムによって、ロレックス史上最高の3,900mもの防水性能を実現。ケース径44mm、厚みは18mmとケースサイズも最大。ベゼルがセラミック、夜光はクロマライトに変更された。裏蓋にはグレード5のチタン合金が用いられた。ムーブメントは引き続きCal.3135を搭載。"
2014年
ref116600
Ref.116660
ディープシーにグラデーション青文字盤、「Dブルー」仕様が追加された。探検プロジェクト『ディープシーチャレンジ』において、映画監督ジェームス・キャメロン氏が操縦する潜水艇が、チャレンジャー海淵の10,908mに到着したことを記念したモデル。これにより、ディープシーはブラックとブルーグラデーションの2種展開となった。
2014年〜2017年
ref116600
Ref.116600
第四世代シードゥエラー。防水性能は先代の16600と同じ1220mだが、ベゼルがセラミックに、夜光はクロマライトへなるなど、堅牢なケースとバックルで現代仕様にブラッシュアップ。搭載ムーブメントはCal.3135。わずか3年間しか生産されなかった稀少モデル。
2017年〜現在
ref126600sv
Ref.126600
第五世代シードゥエラー。新世代ムーブメントCal.3235(パワーリザーブ約70時間)を搭載し、ケースサイズを43mmにアップした。シードゥエラー初のサイクロプスレンズ搭載。初代シードゥエラーを踏襲した赤いロゴが特徴。1220m防水。
2018年〜2022年
ref126660br ref126660sv
Ref.126660
第二世代ディープシー。最大の特徴はムーブメントの刷新で、126600と同じ新世代ムーブCal.3235が搭載された。文字盤カラーは変わらずブラックとブルーグラデーション(Dブルー)が存在する。126600にサイクロプスレンズ(サイクロップレンズ)が搭載されたことで、現行唯一のレンズ無モデルとなった。3900m防水。
2019年〜現在
ref126603br
Ref.126603
シードゥエラーコレクションで初となる、K18イエローゴールドを使用したロレゾール(コンビ)モデルが誕生。
ケースサイズ、ムーブメントなどはステンレスモデルと同様。
2022年〜現在
Ref.136660 Ref.136660
Ref.136660
44mmのケースサイズ、3900mもの防水性能、搭載するムーブメント(Cal.3235)など126660から基本設計を踏襲してモデルチェンジした第三世代のディープシー。
バックルに新規搭載されたグライドロックエクステンションによりブレスサイズの微調整が容易となり、ベゼル幅の縮小とデイト表示が拡大されるなど細部がブラッシュアップされ完成度がさらに高められました。
2022年〜現在
Ref.126067
ロレックス史上初となる屈強かつ超軽量なRXLチタン素材を採用した50mm径の大型ケースで11000mもの驚異的な防水性能を実現したプロフェッショナルダイバーズウォッチ「ディープシー チャレンジ」。
かつての深海への潜航プロジェクトを基に開発された超ハイスペックなスペシャルモデルです。

最近チェックした商品

スマートフォンPC