パネライ ルミノール 1950(新品) 2/2ページ

パネライ ルミノール 1950(新品)

パネライ ルミノール 1950 LUMINOR 1950

「ルミノール 1950」のケースは、丸いエッジとポリッシュ仕上げの滑らかなラウンドベゼルを備え、ケースにクラシックなタッチと際立つスポーティー感を与えています。また、サファイアクリスタルを独自に加工することで可能となったエッジ部分の隆起もこのウォッチ独特の特徴となっています。この加工は大変時間のかかる作業で、この形のクリスタルを作り出すには、通常のクリスタルに必要な時間に比べると200時間も多くの時間を要しています。近年では自社キャリバーを搭載したモデルが数多くリリースされています。

パネライ ベルト(新品)

ルミノール 1950 人気ランキング



ルミノール 1950 3デイズ アッチャイオ 47mm 限定生産1000本
パネライ
商品NO:PN330
2016年発表の「ルミノール1950 スリーデイズ アッチャイオ」が入荷しました。
ルミノール1950ケースには淡いブラウンダイアルがセットされ、夜光塗料にはトリチウム夜光が焼けた色合いを表現するための特殊なスーパールミノバを塗布し、ヴィンテージ感を演出しています。
ムーブメントには自社製手巻きキャリバーの「P.3000」を搭載。
世界限定1000本のスペシャルエディションですので是非この機会にご検討下さい。
材質名:ステンレス
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール マリーナ 1950 3デイズ オートマティック 42mm
パネライ
商品NO:PN273
自社製オートマチックムーブメント“P9000”を搭載した「PAM00523」。
新しく追加になった42mmのケースを与えられた1950モデルです。
シースルーバックからは大きな地板で囲われた“P9000”の個性的な姿や、ローターのベアリングのホワイトセラミックなどが確認できます。
材質名:ステンレス
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール マリーナ 1950 3デイズ
パネライ
商品NO:PN228
自社開発ムーブメントのP.9000を搭載した「PAM00359 ルミノールマリーナ 1950 3デイズ オートマチック アッチャイオ」。
「アッチャイオ」とはイタリア語で”鋼鉄”を意味し、ステンレス製のケースであることを指します。
シースルーバックから覗くP.9000は、2バレルを採用し、3日間のロングパワーリザーブを誇ります。
まるでトリチウム夜光が焼けたかの様な色合いのルミノバ夜光が、ヴィンテージウォッチ然とした雰囲気を演出しています。
材質名:ステンレス
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール マリーナ 1950 3デイズ
パネライ
商品NO:PN205
自社開発ムーブメントのP.9000を搭載した「PAM00312 ルミノールマリーナ 1950 3デイズ オートマチック アッチャイオ」。
「アッチャイオ」とはイタリア語で”鋼鉄”を意味し、ステンレス製のケースであることを指します。
シースルーバックから覗くP.9000は、2バレルを採用し、3日間のロングパワーリザーブを誇ります。
2層式構造の文字盤がクラシカルな雰囲気です。

この商品はスタッフブログで紹介されています。
材質名:ステンレス
  • 中古商品あり
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール 1950 3デイズ GMT パワーリザーブ
パネライ
商品NO:PN235
自社開発ムーブメントのP.9002を搭載した「PAM00321 ルミノール 1950 3デイズ GMT パワーリザーブ オートマチック アッチャイオ」。
「アッチャイオ」とはイタリア語で”鋼鉄”を意味し、ステンレス製のケースであることを指します。
パネライの時計には、腐食に強く低アレルギーのAISI316Lというステンレス合金が使用されています。
P.9000系のバージョンであるP.9002は、GMT機能、ゼロリセットセコンド機能、72時間のパワーリザーブ表示機能を備えています。
材質名:ステンレス
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール マリーナ 1950 3デイズ オートマティック 42mm
パネライ
商品NO:PN258
自社製オートマチックムーブメント「P9000」を搭載した「PAM00392」。
新しく追加になった42mmのケースを与えられた1950モデルです。
44mmの「PAM00312」とお好みでお選びください。
この商品はスタッフブログで紹介されています。
材質名:ステンレス
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール 1950 10デイズ GMT オートマティック アッチャイオ
パネライ
商品NO:PN304
自社製ムーブメントのP.2003を搭載した「PAM00533 ルミノール 1950 10デイズGMT オートマチック アッチャイオ」。
「アッチャイオ」とはイタリア語で”鋼鉄”を意味し、ステンレス製のケースであることを指します。
ベースムーブメントはP.2000ですが、一番の違いは10日間ものロングパワーリザーブを高精度で確保するために、3バレル式を採用しているところです。
そのほかにもゼロリセットセコンドや、9時位置のインダイアルの針と連動させたGMT機能など、パネライの持つ高い技術が詰まっています。
材質名:ステンレス
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール マリーナ 1950 3デイズ オートマティック アッチャイオ
パネライ
商品NO:PN284
自社製ムーブメント“キャリバー P.9000”を搭載したルミノール1950マリーナ3デイズ「PAM00499」。
ホワイトダイヤルが涼しげで素敵な一本です。
ステンレスケースはシースルバックになっており、個性的な外見の自社製キャリバーを鑑賞することが可能です。
材質名:ステンレス
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール 1950 3デイズ GMT トゥットネロ
パネライ
商品NO:PN282
パネライ初のセラミックブレスモデル「PAM00438」。
今までのブラックセラミックケースのストラップモデルでは、グレーサファイアクリスタルをシースルーバックに用いてましたが、このモデルではムーブメント自体をブラックに塗装。
黒にこだわった一本です。
材質名:セラミック
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール マリーナ 1950 3デイズ
パネライ
商品NO:PN210
マニュファチューラコレクションの「PAM00328」。
ムーブメントには自社開発された「P9000」を搭載。
ブレスレットもニューブレスが採用されており、まさに新世代のパネライです。
PAM00299と比べて定価・販売価格共にアップされておりますが、文字盤も人気のサンドイッチタイプになり、パワーリザーブも3日巻きになる事を考えると、きっとご満足頂けると思います。

ブログ詳細はこちら
材質名:ステンレス
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール マリーナ 1950 3デイズ
パネライ
商品NO:PN225
マニュファチューラコレクションの新作モデル「PAM00352」。
ムーブメントには、自社開発された「P9000」を搭載。
ブレスレットもニューブレスが採用されており、まさに新世代のパネライです。
ケースサイズの大きさを特徴とするパネライは、ブレスレットモデルになるとかなりの重量感がありますが、こちらのモデルはケース素材に軽量なチタンを採用していますので、重たい時計が苦手な方にお勧めです。
材質名:チタン
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール 1950 3デイズ GMT パワーリザーブ
パネライ
商品NO:PN211
自社開発のP9001を搭載した2009年のニューモデル。雑誌などでもかなり取り上げられているモデルなので、ご存知の方も多いかも知れませんね。
ただのGMT時計ではなく、3日間巻きというロングパワーリザーブを備えています。
デザインはスッキリとしたモデルですが、シースルーバックから見える機械は実力十分です。
材質名:ステンレス
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール 1950 8デイズクロノ モノプルサンテGMT
パネライ
商品NO:PN213
2009年に発表されたマニファクチューラコレクションの新作です。

自社開発ムーブメントのCal.P2004を搭載。
8時位置のプッシャーでクロノグラフのスタート、ストップ、リセットの操作が行なえるワンプッシュクロノとGMT、8日巻きパワーリザーブが一緒になった多機能なモデルです。

チタンのケースとブラウンの文字盤色は、落ち着いた感じでかなり格好良いですね。
材質名:チタン
  • 中古商品あり
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール 1950 3デイズ GMT オートマティック チェラミカ
パネライ
商品NO:PN260
GMT機能を備えた自社製オートマチックムーブメント「P9001」を搭載したルミノール1950のブラックセラミックモデル「PAM00441」。
6時位置にCERAMIC(イタリア語でチュラミカ)の文字が入れられたダイヤルは、表記がアイボリーで統一され、雰囲気たっぷりです。
シースルーバックのガラスにはスモークサファイアクリスタルを用い、ムーブメントがグレー色に見えるようになっているのもニクい演出ですね。
材質名:セラミック
  • 中古商品あり
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール 1950 3デイズ GMT
パネライ
商品NO:PN285
自社製ムーブメントCal.P.9001を搭載したGMTモデル「PAM00535」。
ケース径を42.0mmとわずかに小型化し、オンとオフ、バランスよくお使いいただける一本です。
ケースはシースルーバックを採用しており、自慢の自社キャリバーをご鑑賞いただけます。
材質名:ステンレス
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール 1950 3デイズ GMT パワーリザーブ
パネライ
商品NO:PN238
自社開発ムーブメントのP.9002を搭載した「PAM00347 ルミノール 1950 3デイズ GMT パワーリザーブ オートマチック アッチャイオ 」。
「アッチャイオ」とはイタリア語で”鋼鉄”を意味し、ステンレス製であることを指します。
P.9000系のバージョンであるP.9002は、GMT機能、ゼロリセットセコンド機能、72時間のパワーリザーブ表示機能を備えています。
ステンレスブレスレットならではの重量感をお楽しみください。
材質名:ステンレス
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール マリーナ 1950 8デイズ GMT オロロッソ
パネライ
商品NO:PN299
自社開発Cal.2002を搭載。
8日巻きというロングパワーリザーブを一目で確認出来るように付けられたインジゲーターは、目盛りが水平に動くパネライ独自のユニークな表示方法です。
時刻を合わせやすいように秒針がゼロに戻るゼロリセット機能を備えるなど、自社キャリバーならではの独自機構が満載されています。
材質名:レッドゴールド
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール 1950 3デイズ クロノフライバック オートマティック 44mm
パネライ
商品NO:PN294
パネライが自社開発したムーブメントを搭載した、自動巻きクロノグラフ「PAM00525」。
P9000をベースにフライバッククロノグラフ機能を追加。
分積算計はセンターの同軸上に配置しています。
ブルーのクロノ針とローズゴールドのケースの色の対比が鮮やかな一本です。
材質名:ローズゴールド
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール 1950 3デイズ GMT 24Hオートマティック アッチャイオ 44mm
パネライ
商品NO:PN292
自社ムーブメントのP.9003を搭載した自動巻きGMTモデル「PAM00531」。
ダイヤルにアンティーク調のサンドイッチダイヤルを採用したことにより、シブさと存在感が増しました。
ケースはシースルーバックになっており、パワーリザーブ表示はこちらから分かるようになっています。
材質名:ステンレス
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール 1950 レフトハンド 3デイズ アッチャイオ
パネライ
商品NO:PN287
『潜水時に右手に装着出来る腕時計を作って欲しい。』というイタリア海軍のリクエストに応え、開発されたパネライのレフティーモデル。
こちらはルミノール1950のレフティーモデル「PAM00557」です。
もともとパネライのレフティーモデルは生産数が少ないことが多く、このモデルの生産数も700本と少なめ。
個性的なデザインが特徴のパネライの中でも、一段と個性的なモデルをお探しな方にオススメします。
材質名:ステンレス
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール マリーナ 1950 3デイズ オートマティック 42mm
パネライ
商品NO:PN261
ローズゴールドならではの艶やかな色味が美しい「PAM00393」。
42mmと程よいサイズにより、華美になりすぎず、品のよいゴールドモデルです。
ムーブメントは自社製オートマチックムーブメント「P9000」を搭載。
独創的なデザインだけではなく、内部にもこだわった一本になっています。
材質名:ピンクゴールド
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール 1950 10デイズ GMT
パネライ
商品NO:PN189
高いクオリティーで世界中から人気を集めるパネライの「ルミノール1950・10デイズGMT」。ステンレスケースにブラックのフェイスがグッと落ち着いた印象を与え、大人の魅力を引き立てます。
材質名:ステンレス
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール 1950 10デイズ GMT
パネライ
商品NO:PN249
パネライ自社製造の
オートマティック・メカニカル・ムーブメントP.2003を
ブラックセラミックケースに搭載した
「ルミノール 1950 10Days」。
ブラックセラミックのケースは見た目の
カッコの良さだけではなく、
傷が付きにくく腐食にも強いなど、
ハードに使われがちなパネライの時計にピッタリの
性質を持っています。
ケースはシースルーバックになっており、
そのガラスはケースに合わせ、
薄いブラックで染色され、雰囲気満点の一本です。
材質名:セラミック
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール 1950 8デイズ GMT
パネライ
商品NO:PN237
パネライ自社ムーブメント搭載のマニュファトゥーラコレクション「PAM00289」。
8日間のロングパワーリザーブにGMT機能を備えたモデルです。
ピンクゴールドにブラウンのダイヤルを合わせ、スポーティーなスタイルと高級感を併せ持ちます。
ケースはシースルーバックになっており、特徴的な外観を持つムーブメントを見ることができます。
材質名:ピンクゴールド
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール マリーナ 1950 3デイズ
パネライ
商品NO:PN227
マニュファチューラコレクションの
新作モデル「PAM00351」。
金色の針や焼けたようなブラウンのダイヤルを持ち、
落ち着きを感じさせる、通好みのモデルです。
ケースはチタン製なので、
パネライのデザインは好きだけど重いのは・・・
という方にもおすすめです。
材質名:チタン
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール 1950 フライバッククロノ 44mm
パネライ
商品NO:PN226
PAM00212の後継機種「PAM00361」が入荷しました。
風防ガラスがドーム型で無くなりフラットなタイプに変更。
ダイヤルも1950表記とタキメーターが無くなったためにスッキリした印象になりました。
シンプルなクロノグラフをお探しの方におすすめです。
材質名:ステンレス
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール 1950 8デイズクロノ モノプルサンテGMT
パネライ
商品NO:PN224
パネライが自社製造した初のクロノグラフ・ムーブメントを搭載した「ルミノール1950 8days クロノモノプルサンテGMT」。
“モノプルサンテ”とはワンプッシュと言う意味。
「ルミノール」の特徴である、リューズプロテクターのデザインを保つため8時位置にデザインされたブッシュボタンでスタート・ストップ・リセットを行う、GMT機能を備えたコラムホイール・クロノグラフです。
6時位置には、このモデルのもう一つの特徴である、8日間パワーリザーブのインジケーターが備えられています。
材質名:ステンレス
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール 1950 8デイズクロノ モノプルサンテGMT
パネライ
商品NO:PN199
最終定価 3.727.500円

材質名:ピンクゴールド
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール 1950 ラトラパンテ
パネライ
商品NO:PN128
パネライの中でも独特のケース形状が特徴のルミノール1950。このケースにツーカウンターのクロノグラフはデザインのバランスがものすごく良いと思います。また通常のクロノグラフではなく、ラトラパンテ機能も付いたより複雑な機能になってます。
材質名:ステンレス
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中
ルミノール 1950 フライバッククロノ
パネライ
商品NO:PN127
材質名:ステンレス
在庫なし(Out of Stock)
再入荷連絡受付中

パネライ ルミノール 1950の歴史と代表的なモデル

2005年
PAM00233

PAM00233

「ルミノール 1950 8デイズ GMT」を発表。
パネライが1950年代に製作していたルミノールから着想を得た立体的な「ルミノール 1950」ケースが特徴。また、リューズガードには特許取得を意味する「REG.T.M.」の文字が刻印されている。
ムーブメントは、水平に動くインジケーターを備えた8日間パワーリザーブを誇るGMT機能付き手巻きキャリバーCal.P.2002を搭載。2002年から製作を開始し2005年に発表したパネライ初の自社製ムーブメントとして知られる。

【モデル情報】

PAM00233

2005年
PAM00212

PAM00212

「ルミノール 1950 フライバッククロノ」を発表。
クロノグラフの作動中にリセットボタンを押す事で計測がリセットされ、瞬時に再計測が可能なフライバッククロノグラフを搭載したモデル。ケースサイズは44mmで、クロノグラフのプッシュボタンはケースの右側に配されている。

【モデル情報】

PAM00212

2005年
PAM00213

PAM00213

「ルミノール 1950 ラトラパンテ」を発表。
2つの時間を同時に計測をすることが可能なラトラパンテクロノグラフを搭載したモデル。ケースの右側にクロノグラフのスタート・ストップボタンがあり、8時位置のボタンでラップタイムを計測をするための操作が可能。ダイヤルの外周部分にはタキメーターを備えている。

【モデル情報】

PAM00213

2006年
PAM00289

PAM00289

新たなモデルが「ルミノール 1950 8デイズ GMT」のラインナップに加わる。
ケースの素材にピンクゴールド製で、ブラウンの文字盤を採用したモデル。ケースサイズや搭載ムーブメントなど、スペックは2005年に誕生したモデルと同様。

【モデル情報】

PAM00289

2007年
PAM00270

PAM00270

「ルミノール 1950 10デイズ GMT」を発表。
ムーブメントは2005年に初出となったCal.P.2002をベースとした自社製初の自動巻き式のCal.P.2003を搭載。10日間パワーリザーブを誇る。

【モデル情報】

PAM00270

2007年
PAM00275

PAM00275

「ルミノール 1950 8デイズクロノ モノプルサンテ GMT 」を発表。
“モノプルサンテ”はイタリア語で“モノ(シングル)プッシュ”という意味で、モデル名の名の通り、ケースの8時位置に配されたプッシュボタンだけでクロノグラフのスタート、ストップ、リセットの操作が可能なモデル。

【モデル情報】

PAM00275

2008年
「ルミノール 1950 トゥールビヨン GMT チタニオ」を発表。
チタン製のケースにトゥールビヨンを搭載したモデル。ケースサイズは47mmで自社製ムーブメントで手巻き式のCal.P.2005を搭載している。

【モデル情報】

PAM00306

2008年
PAM00311

PAM00311

PAM00317

PAM00317

新たに2モデルが「ルミノール 1950 8デイズクロノ モノプルサンテ GMT 」のラインナップに加わる。
ケースの素材がチタン製のPAM00311、チタンとセラミックを組み合わせたコンビモデルのPAM00317を発表。ケースサイズや搭載ムーブメントは2007年に誕生したモデルと同様。

【モデル情報】

PAM00311、PAM00317

2009年
PAM00305

PAM00305

「ルミノール サブマーシブル 1950 3デイズ」を発表。
エジプト海軍潜水部隊用にダイバーズウォッチを製作していた当時のデザインを基軸としながらも、最新の技術で製作された本格派のダイバーズモデルとして誕生したサブマーシブル。ケースはチタン製で回転ベゼルを備えておりインデックスはドット型を採用している。

【モデル情報】

PAM00305

2009年
PAM00328

PAM00328

PAM00312

PAM00312

「ルミノール マリーナ 1950 3デイズ」を発表。
3日間パワーリザーブのCal.P.9000を搭載したモデル。サンドイッチ文字盤を採用し、9時位置にスモールセコンドを備えている。ブレスレット仕様とストラップ仕様が販売された。

【モデル情報】

PAM00328、PAM00312

2009年
PAM00321

PAM00321

「ルミノール 1950 3デイズ GMT パワーリザーブ」を発表。
パネライ初の自社製ムーブメントであるCal.P.2002は手巻き式が標準であったが、自動巻き式を標準とする自社製のCal.P.9002を搭載したモデル。Cal.P.2002ではパワーリザーブインジケーターが水平方向に動くデザインだったのに対し、Cal.P.9002では半円で表示している。

【モデル情報】

PAM00321

2009年
PAM00329

PAM00329

PAM00320

PAM00320

「ルミノール 1950 3デイズ GMT パワーリザーブ」を発表。
自社製ムーブメントのCal.P.9001を搭載したモデル。これまで「ルミノール 1950」のラインナップでGMT機能を備えるモデルはナイト&デイ表示と連動していたが、文字盤上には長針短針のほかはスモールセコンドとGMT針のみのデザインになった。パワーリザーブは文字盤上に表示せず、シースルーバックから視認が可能。このモデルはブレスレット仕様とストラップ仕様が販売された。

【モデル情報】

PAM00329、PAM00320

2010年
PAM00361

PAM00361

新たなモデルが「ルミノール 1950 フライバッククロノ」のラインナップに加わる。
2005年に誕生したPAM00212の後継機として誕生したモデル。PAM00212のサファイアガラスの風防がドーム型であったのに対し、PAM00361ではフラットなタイプとなり文字盤上のタキメーターもなくなった。

【モデル情報】

PAM00361

2010年
PAM00359

PAM00359

PAM00351

PAM00351

新たなデザインのモデルが「ルミノール マリーナ 1950 3デイズ」のラインナップに加わる。
2009年に誕生した「ルミノール マリーナ 1950 3デイズ」のインデックスは6、9、12がアラビア数字でその他がバーインデックスなのに対し、新作のPAM00359は全てのインデックスにアラビア数字を採用している。
また、これまで文字盤色はブラックのみであったが、ブラウンを採用したPAM00351が誕生した。尚、PAM00351の文字盤は6、9、12のインデックスのみがアラビア数字のデザインとなっている。

【モデル情報】

PAM00359、PAM00351

2010年
PAM00352

PAM00352

「ルミノール マリーナ 1950 3デイズ チタニオ」を発表。
チタン製のモデルで文字盤色はブラウンを採用したモデル。3時位置には日付表示、9時位置にはスモールセコンドが配されている。ブレスレット仕様とストラップ仕様が販売された。

【モデル情報】

PAM00351、PAM00352

2011年
PAM00335

PAM00335

新たなモデルが「ルミノール 1950 10デイズ GMT」のラインアップに加わる。
モデル名は「ルミノール 1950 10デイズ GMT チュラミカ」。“チュラミカ”はイタリア語でセラミックという意味で、ケースの素材にセラミックを採用している。2007年に発表したモデルとケースの素材は異なるものの、搭載ムーブメントやケースサイズは同様。

【モデル情報】

PAM00335

2011年
PAM00347

PAM00347

新たなモデルが「ルミノール 1950 3デイズ GMT パワーリザーブ」のラインナップに加わる。
2009年に誕生したパワーリザーブを半円で表示するPAM00321のブレスレット仕様モデル。

【モデル情報】

PAM00347

2011年
PAM00372

PAM00372

「ルミノール マリーナ 1950 3デイズ 47mm」を発表。
1940年代に製作していたルミノールプロトタイプを忠実に再現したモデル。流通当初はプレキシガラスを採用していたが、発売から数年後にサファイアガラスに仕様が変更された。47mmのケースに長針短針のみで、ムーブメントは3日間のパワーリザーブを誇る自社製のCal.P.3000を搭載している。

【モデル情報】

PAM00372

2011年
PAM00375

PAM00375

「ルミノール コンポジット 1950 3デイズ」「ルミノール マリーナ コンポジット1950 3デイズ」を発表。
アルミニウムに電気処理を施して開発したパネライ独自の素材である“コンポジット”をケースの素材に採用したモデル。

【モデル情報】

PAM00375、PAM00386

2012年
PAM00441

PAM00441

「ルミノール 1950 3デイズ GMT チェラミカ」を発表。
ケースの素材にセラミックを採用したモデル。ムーブメントは自社製のCal.P.9001を搭載し、9時位置に配されたスモールセコンドとGMTを備えている。

【モデル情報】

PAM00441

2012年
PAM00423

PAM00423

「ルミノール 1950 3デイズ パワーリザーブ」を発表。
47mmケースに自社製ムーブメントのCal.P.3002を搭載したモデル。半円で表示されるパワーリザーブとスモールセコンドが文字盤に配されている。

【モデル情報】

PAM00423

2012年
PAM00392

PAM00392

PAM00393

PAM00393

新たなデザインのモデルが「ルミノール マリーナ 1950 3デイズ」のラインナップに加わる。
「ルミノール 1950」のこれまでのラインナップの中で最小の42mmで製作されたモデル。ムーブメントは自社製のCal.P.9000を搭載し、3時位置に日付表示、9時位置にスモールセコンドが配されている。ケースの素材はステンレス製とピンクゴールド製が販売された。

【モデル情報】

PAM00392、PAM00393

2012年
PAM00422

PAM00422

新たなモデルが「ルミノール マリーナ 1950 3デイズ 47mm」のラインナップに加わる。
2011年に同名のモデルであるPAM00372が2針でCal.P.3000を搭載しているのに対し、このモデルは9時位置にスモールセコンドを配し、シースルーバックからパワーリザーブ表示を視認できる自社製ムーブメントのCal.P.3001を搭載している。

【モデル情報】

PAM00422

2012年
新たなモデルが「ルミノール 1950 トゥールビヨン GMT 」のラインナップに加わる。
ケースの素材にセラミックを採用したモデル。2008年にトゥールビヨンを搭載した初作PAM00306と同じ手巻き式のCal.P.2005を搭載している。

【モデル情報】

PAM00396

2013年
PAM00526

PAM00526

「ルミノール 1950 レガッタ3デイズ クロノフライバック チタニオ」を発表。
カウントダウン式に計測が出来るレガッタクロノグラフとフライバッククロノグラフを搭載したモデル。クロノグラフの動作中にそれぞれの針を見間違えを防ぐため、レガッタクロノグラフに用いる針はオレンジ、フライバッククロノグラフに用いる針はブルーでデザインされている。

【モデル情報】

PAM00526

2013年
PAM00524

PAM00524

「ルミノール 1950 3デイズ クロノフライバック」を発表。
フライバッククロノグラフを搭載したモデル。2005年にもフライバッククロノグラフを備えるモデルを発表したが、当時のモデルとムーブメントが異なり自社製のCal.P.9100を搭載している。

【モデル情報】

PAM00524

2013年
PAM00523

PAM00523

新たなデザインのモデルが「ルミノール マリーナ 1950 3デイズ」のラインナップに加わる。
文字盤色がホワイトでインデックスにアラビア数字を採用したモデル。搭載ムーブメントはこれまでのモデルと同様だが、ケースサイズが42mmでホワイト文字盤を備えるモデルは「ルミノール 1950」の歴代モデルの中でも稀有なモデルとなった。

【モデル情報】

PAM00523

2013年
新たなモデルが「ルミノール 1950 ラトラパンテ」のラインナップに加わる。
8日間のパワーリザーブを誇り、限定モデルにのみ採用されていた自社製Cal.P.2006を搭載したモデル。ケースサイズは47mmでクロノグラフを操作するプッシュボタンはケースの左側に配されている。

【モデル情報】

PAM00530

2014年
PAM00557

PAM00557

「ルミノール 1950 レフトハンド 3デイズ 」を発表。
1940年代に「潜水時に右手に装着出来る腕時計を作って欲しい」というイタリア海軍からの要望を受け、当時パネライが製作した時計のデザインを基軸として、リューズがケースの左側に配されたモデル。ケースサイズは47mmで、手巻き式のCal.P.3000を搭載している。

【モデル情報】

PAM00557

2014年
PAM00531

PAM00531

「ルミノール 1950 3デイズ GMT 24H」を発表。
これまでのGMT搭載モデルは第二時間帯を示すGMT針が1日に2周する構造だったが、このモデルは1日1周のみで文字盤内に24時間表示が配されている為、第二時間帯を瞬時に識別することが出来るようになった。ムーブメントは自社製のCal.P.9003を搭載している。

【モデル情報】

PAM00531

2014年
PAM00576

PAM00576

「ルミノール マリーナ 1950 8デイズ GMT オロロッソ」を発表。
“オロロッソ”はイタリア語で“レッドゴールド”を意味し、モデル名の通りケースの素材にレッドゴールドを採用したモデル。ケースサイズは44mmで、ムーブメントは手巻き式のCal.P2002を搭載している。

【モデル情報】

PAM00576

2014年
PAM00499

PAM00499

新たなモデルが「ルミノール マリーナ 1950 3デイズ」のラインナップに加わる。
ケースサイズが44mmでホワイト文字盤を備えたモデル。搭載するムーブメントは2009年に誕生した初作と同様。

【モデル情報】

PAM00499

2014年
PAM00533

PAM00533

新たなモデルが「ルミノール 1950 10デイズ GMT」のラインアップに加わる。
搭載するムーブメントは2007年に誕生したモデルと同一だが、サンドイッチ文字盤から覗く夜光がグリーンだったのに対しヴィンテージ調のベージュ色に変更された。

【モデル情報】

PAM00533

2014年
PAM00535

PAM00535

新たなモデルが「ルミノール 1950 3デイズ GMT」のラインアップに加わる。
文字盤全体にクル・ド・パリ装飾が施されたモデル。ケースサイズは42mmで、2012年に誕生したモデルと同様のCal.P.9001を搭載している。

【モデル情報】

PAM00535

2014年
PAM00537

PAM00537

新たなモデルが「ルミノール 1950 3デイズ GMT パワーリザーブ」のラインナップに加わる。
ケースサイズは44mmで、文字盤全体にクル・ド・パリ装飾が施されたモデル。2009年に誕生したモデルと同様のCal.P.9002を搭載している。

【モデル情報】

PAM00537

2015年
PAM00580

PAM00580

新たなモデルが「ルミノール 1950 3デイズ」のラインナップに加わる。
モデル名は「ルミノール 1950 3デイズ クロノ フライバック チェラミカ」。デザインや搭載ムーブメントは2013年に誕生したモデルと同様だが、このモデルではケースの素材にセラミックを採用している。

【モデル情報】

PAM00580

2015年
PAM00614

PAM00614

PAM00615

PAM00615

新たなモデルが「ルミノール サブマーシブル 1950 3デイズ」のラインナップに加わる。
モデル名は「ルミノール サブマーシブル 1950 3デイズ クロノ フライバック チタニオ」。“サブマーシブル”を冠するモデルでは初のクロノグラフ搭載機で、Cal.P.9100を搭載。チタンの回転ベゼルを備えるPAM00614とブラックセラミックを備えるPAM00615が販売された。

【モデル情報】

PAM00614、PAM00615

2015年
PAM00616

PAM00616

新たなモデルが「ルミノール サブマーシブル 1950 3デイズ」のラインナップに加わる。
モデル名は「ルミノール サブマーシブル 1950 カーボテック 3デイズ」。カーボンファイバーをベースとした複合素材で、セラミックやチタンより軽く耐衝撃性に優れた“カーボテック”をケースの素材に採用したモデル。インデックスには夜光塗料のエイジングを再現したクリーム色のルミノバが塗布されている。

【モデル情報】

PAM00616

2016年
PAM00670

PAM00670

「ルミノール 1950 イクエーション オブ タイム 8デイズ GMT チタニオ」を発表。
6時位置に配されたリニア インジケーターで均時差の確認ができる時計。ムーブメントは自社製のCal.P2002/Eを搭載している。ケースの素材はチタンを採用し、ブルーとブラウンの文字盤が販売された。

【モデル情報】

PAM00670、PAM00656

2016年
PAM01312

PAM01312

PAM00661

PAM00661

PAM01523

PAM01523

新たなモデルが「ルミノール マリーナ 1950 3デイズ 」のラインナップに加わる。
2010年の誕生当時に搭載していた自社製ムーブメントのCal.P.9000にマイナーチェンジを施した、Cal.P.9010を搭載したモデル。
旧型と比べムーブメントが薄くなり、短針のみをリューズで操作が出来るようになった。また文字盤上のデザインも変更点があり、Cal.P.9010を搭載したモデルはスモールセコンドの針が水色になっている。

【モデル情報】

PAM01312、PAM01359、PAM01499、PAM00661、PAM01392、PAM01523

2016年〜2017年
新たなモデルが「ルミノール 1950 3デイズ GMT」のラインアップに加わる。
2009年に誕生したPAM00320と同じCal.P9001を搭載し、鮮やかなブルーを文字盤に採用したモデル。2016年の発表当初は正規代理店のみで購入でき、2017年以降はレギュラーモデルになると発表されていたが、2017年には廃番が発表された。

【モデル情報】

PAM00688

2016年〜2017年
新たなモデルが「ルミノール 1950 10デイズ GMT」のラインナップに加わる。
2007年に誕生したPAM00270と同じCal.P.2003を搭載し、鮮やかなブルーを文字盤に採用したモデル。2016年の発表当初は正規代理店のみで購入でき、2017年以降はレギュラーモデルになると発表されていたが、2017年には廃番が発表された。

【モデル情報】

PAM00689

2017年
PAM00653

PAM00653

PAM00654

PAM00654

「ルミノール 1950 PCYC 3デイズ クロノフライバック」を発表。
モデル名のPCYCは“PANERAI CLASSIC YACHTS CHALLENGE”の略。裏蓋部分にはヨットのエングレービングが施されている。

【モデル情報】

PAM00653、PAM00654

2017年
PAM00684

PAM00684

PAM00692

PAM00692

PAM00671

PAM00671

新たなモデルが「ルミノール サブマーシブル 1950 3デイズ」のラインナップに加わる。
ケースサイズや基本的なデザインはこれまでのモデルと同様だが、新型ムーブメントであるCal.P.9010を搭載したモデルを発表。

【モデル情報】

PAM00682、PAM00684、PAM00692、PAM01305、PAM01389、PAM00671

2017年
PAM01441

PAM01441

PAM01033

PAM01033

PAM01320

PAM01320

新たなモデルが「ルミノール 1950 3デイズ GMT」のラインアップに加わる。
ケースサイズや基本的なデザインはこれまでのモデルと同様だが、新型ムーブメントであるCal.P.9011を搭載したモデルを発表。

【モデル情報】

PAM01441、PAM01033、PAM01320

2017年
PAM00661

PAM00661

PAM00722

PAM00722

新たなモデルが「ルミノール マリーナ 1950 3デイズ 」のラインナップに加わる。
ケースサイズや基本的なデザインはこれまでのモデルと同様に、新型ムーブメントであるCal.P.9010を搭載したモデルを発表。

【モデル情報】

PAM00661、PAM00722、PAM00723

最近チェックした商品

スマートフォンPC